ここから本文です

インカレ 早大細沼ら3回戦へ<テニス>

tennis365.net 8/15(月) 22:38配信

全日本学生テニス選手権大会

大学テニス日本一の座をかけた平成28年度全日本学生テニス選手権大会(インカレ)は15日、岐阜メモリアルセンター(岐阜県岐阜市/ハードコート)で女子シングルス2回戦が行われ、細沼千紗(早稲田大)、江見優生乃(法政大)らが3回戦進出を決めた。

早稲田の細沼ら 8強決まる

雨が上がり、厳しい日差しが照りつける中でスタートしたこの試合、細沼は6-2, 3-6, 6-2のフルセットで岩井真優(筑波大)に勝利した。

第1セットを6-2と先取し、第2セットもこの勢いのまま試合が進むかと思われた。

しかし、岩井が反撃、6-3で奪い返す。

迎えたファイナルセット、細沼が再度ギアを上げ、2時間超えのタフマッチを制した。

今年の春の関東学生トーナメントのダブルスで優勝を飾っている細沼は、3回戦で辻紘子(早稲田大)と対戦する。

また、江見は福井愛(富士大)に6-3, 6-1で快勝。

江見はコースをつくストロークで終始主導権を握り、福井を寄せ付けなかった。

3回戦は押野紗穂(慶應大)と対戦予定。

個人戦シングルスは96名の選手が出場しており、トーナメントで競い合う。試合形式は3セットマッチで行われる。

女子シングルスの上位シード勢は、加治遥(園田学園女子大)、林恵里奈(早稲田大)、寺見かりん(山梨学院大)、畑守美里(関西大)。

昨年の同大会では西本恵(慶應大卒)が優勝を飾った。

tennis365.net

最終更新:8/15(月) 22:38

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]