ここから本文です

ドロースタートのサウサンプトン、スタメンの吉田はチームを叱咤「僕らは寝ているようだった」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月15日(月)18時50分配信

次節はユナイテッド

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也はドロー発進に不満を示しているようだ。

14日、プレミアリーグ第1節でワトフォードと対戦したサウサンプトン。ホームで迎えた開幕戦だったが、ワトフォード相手に先制点を許す厳しい展開で、後半にゴールを挙げ、何とか勝ち点1を得ている。試合後、吉田のコメントを英『Daily Mail』が伝えた。

「ホームゲームだったし、ポイントを得ることができたではなく、2ポイントを失ったと感じている。前半僕らは寝ているようだった。後半はよくなったけど、遅すぎた。よりダイナミックにやる必要があった。僕らのパスは横や後ろばかり。それでボールを失い、リズムも失っていった」

「言い訳はしない。プレミアリーグの開幕戦が難しいというのもわかっていたしね。次の相手はユナイテッドでビッグゲームとなる。身体的にも精神的にも回復する必要がある。昨季のように自信を持ってプレイできれば、結果は必ずついてくる」

次節は金曜日にオールド・トラッフォードへ乗り込むサウサンプトン。開幕戦から改善し、勝ち点を持ち帰ることはできるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月15日(月)18時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]