ここから本文です

「このチームにルーニーの居場所はない」 ルーニーのプレイにサポーターからは中国に売却しろとの声

theWORLD(ザ・ワールド) 8月15日(月)19時10分配信

ボーンマス戦では得点も奪ったが……

ボーンマスとのリーグ戦第1節を3-1で制したマンチェスター・ユナイテッドだが、まだまだ攻撃は流動的とは言い難いものがあった。特に前半は思うようにチャンスも作れず、ファン・マタのラッキーなゴールがなければ状況は変わっていただろう。

そんなチームで批判を浴びているのが主将のウェイン・ルーニーだ。ルーニーは中盤と前線を繋ぐ役割を果たし、自身も後半にヘディングで貴重な追加点を奪っている。しかし前線で簡単にボールを失うなど、ルーニーらしくないプレイがあったのも事実だ。

英『METRO』によれば、一部のサポーターもルーニーのパフォーマンスには納得していない。ルーニーならもっとやれるとの期待もあるのだろうが、サポーターの声は厳しい。

「ルーニーをベンチに下げてムヒタリアンを右、マタをトップ下に入れろ」

「このチームにルーニーの居場所はない」

「中国はまだルーニーに興味を持ってくれていないのか?」

ルーニーのパフォーマンスは完璧なものではなかったものの、サポーターにとって簡単にボールを失うルーニーの姿は許されないものだったようだ。今夏にはユヴェントスからMFポール・ポグバを獲得したこともあり、ルーニーだからといって無条件でスタメンの座を与え続けることに疑問を抱くサポーターも多いはずだ。

まだ開幕したばかりだが、ルーニーは今後自身の地位を確かなものとするパフォーマンスを見せる必要がありそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月15日(月)19時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。