ここから本文です

コスタリカ、スロバキア、静岡ユースに勝てず…… 京都内定のU-19日本代表FW「情けない結果」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/15(月) 20:40配信

4日間で3試合戦うも……

U-19日本代表で活躍するFW岩崎悠人が8月14日に開催されたU-19スロバキア代表戦を振り返り、今後の意気込みを語った。

8月11日から静岡県でSBSカップに挑んでいるU-19日本代表だが、初戦でU-19コスタリカ代表に敗れると、その翌日に開催された静岡ユースとの一戦でもPKの末に敗北。14日に行われたU-19スロバキア代表戦でも後半に先制点を許し、0-1のままタイムアップの笛を迎えている。

計3試合で一度も勝利を挙げることができなかったU-19日本代表。8月に京都サンガへの加入が内定し、スロバキア戦でもピッチに立ったFW岩崎は「今大会は1勝もできず最下位という情けない結果に終わってしまいました」と語り、「今日の試合は、スロバキアがゴール前を固めてくると予想はできていましたが、なかなかシュートを打つことができず自分たちのプレーの精度の低さを痛感させられました」と反省を口にした。

それでも、「今回の活動で、より自分の良い部分と悪い部分がはっきりした」と話した岩崎は、「またチームに帰って自分と向き合いながら課題を克服していきたいと思います」と今後の戦いに向けた意気込みを語っている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/15(月) 20:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報