ここから本文です

J2大一番で初ゴールの松本山雅MFパウリーニョ「勝点3以上の価値ある試合だった」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/15(月) 21:10配信

新天地での初ゴールは決勝点

今夏、期限付き移籍で松本山雅に加入したMFパウリーニョが14日に開催されたセレッソ大阪戦で新天地での初ゴールを記録した。

湘南ベルマーレから松本山雅に加入したパウリーニョは8月11日に初めて先発出場を果たすと、その3日後に開催されたC大阪戦では前半終了間際に強烈なミドルシュートで先制点を記録。パウリーニョは87分に交代が告げられたが、松本山雅は最後までC大阪に得点を許さずに1-0で勝利を収めている。

試合後、松本山雅での初ゴールを決めたパウリーニョは試合を振り返り、「C大阪は技術の高い選手が多いチームで、アウェイで勝つというのは本当に難しいこと。ここ最近は引き分けが3試合続くなど運のない試合が続いていたので、勝てたことはうれしいです」とコメント。「本当に勝点3以上の価値ある試合だったと思います」と語っている。Jリーグ公式サイトが伝えた。

またパウリーニョは自身のパフォーマンスについても「徐々に試合勘が良くなったと実感しています」と話し、「厳しい試合だったので、交代する直前あたりからボールを通させてしまった印象があるし、最後になると疲れも出てきましたが、(交代で入った)タケ(武井択也)がよく抑えてくれました」とチームメイトを称賛している。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/15(月) 21:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。