ここから本文です

[移籍]エヴァートン、クリスタル・パレスの10番を背負う“コンゴの天才”を獲得

theWORLD(ザ・ワールド) 8/15(月) 23:40配信

お金のための移籍ではない

エヴァートンは15日、クリスタル・パレスからコンゴ代表MFヤニク・ボラシエを獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月末までの5年で、背番号は「14」となっている。そして、移籍金は公表されていない。

現在27歳のボラシエは、イングランドの3 部リーグや4部リーグなどを経て、2012年にチャンピオンシップ(イングランド2部リーグ)に所属していたクリスタル・パレスへ移籍。2013年にチャンピオンシップの年間ベストイレブンに選出され、チームの1部昇格に貢献した。さらに、翌年には惜しくも受賞は逃したが、アフリカ年間最優秀選手賞候補にノミネートされている。

そんなボラシエはクラブの公式サイトを通じて「エヴァートンのユニフォームに袖を通すことができるのを楽しみにしている。偉大なクラブだし、長年に渡ってエヴァートンと対戦してきたから、その意味をよく理解しているよ。今回の移籍はお金のためではなく、クラブの野望や将来性を見て決めたんだ。クーマン監督から多くのことを学べることを楽しみにしているよ」と移籍の喜びと意気込みを語った。

はたして、ボラシエはエヴァートンで結果を残すことができるのだろうか。9月30日に行われるプレミアリーグの第7節で、古巣となったクリスタル・パレスとエヴァートンが対戦予定である。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/16(火) 1:36

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報