ここから本文です

平和の尊さ映し 灯籠千個

カナロコ by 神奈川新聞 8月15日(月)8時0分配信

 戦争犠牲者の霊を慰める灯籠流しで平和の尊さを伝える「市民平和の夕べ」が14日夜、平塚市総合公園(同市大原)の大池周辺で開かれた。

 ことしで26回目。7月6日から8月15日までを「平和月間」とする市推進事業の一環。訪れた市民らが用意された約千個の灯籠を次々と流すと、池の水面がほのかに映し出された。

 戦時中の食事「すいとん」の試食や折り鶴の作成コーナーのほか、地元高校合唱部による合同コーラスもあり、参加者は平和の大切さに思いを巡らせていた。

最終更新:8月15日(月)8時0分

カナロコ by 神奈川新聞