ここから本文です

崔竜海・労働党副委員長、カストロ前議長の誕生日プレゼント携えキューバ訪問

ハンギョレ新聞 8月15日(月)15時3分配信

キューバ国営通信「メサ国家評議会副議長と歓談」 「両国の兄弟国家として友情と党・政府・人民の協力を」

 北朝鮮労働党中央委員会の崔竜海(チェリョンヘ)副委員長がリオ五輪参観後、帰国の途にキューバを訪問したことが分かった。 一部メディアは「北朝鮮の五輪での成績不振とスポーツ外交の成果のなさ」により、崔氏がブラジルのリオデジャネイロから予定より早く出国したと報道している。

 キューバ国営のキューバ通信(ACN)によると、崔氏は12日(現地時間)午前、国家評議会のサルバドール・バルデス・メサ副議長と歓談したと報道した。ここでは両国の「兄弟国家としての友情」や「政府と党、人民たちの間の協力」について話し合ったとキューバ通信は伝えた。また、崔氏は金正恩(キムジョンウン)委員長が送ったフィデル・カストロ前国家評議会議長の90歳の誕生日プレゼントも贈った。

 五輪参観のため4日にリオデジャネイロに到着した崔氏は、11日午前1時30分の航空便でブラジルを発った。 一部メディアは崔氏が11日まで滞在する予定だったが、突然出国時期を1日繰り上げたとし、北朝鮮のスポーツ外交がほぼ成果を得られず、五輪の成績も振るわなかったためだという見方を示した。政府の一部では「問責早期帰国」という指摘も相次いだ。

キム・ジンチョル記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr)

最終更新:8月15日(月)15時3分

ハンギョレ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。