ここから本文です

ヌービル、今季限りでヒュンダイ離脱? シトロエンが獲得を検討か

オートスポーツweb 8月15日(月)17時52分配信

 世界ラリー選手権(WRC)に参戦しているシトロエンは、2017年のドライバーラインアップにティエリー・ヌービルを加えることを検討しているようだ。

 ヌービルは現在、ヒュンダイ・モータースポーツからWRCに参戦しているが、WRCにデビューした2012年シーズンは、シトロエンのジュニアチームに所属していた。なお、その翌シーズンは、シトロエンを離れ、Mスポーツへ移籍を果たしている。

 以前、シトロエン代表のイブ・マトンはヌービル獲得に関しては控えめな意見を述べていたが、2017年シーズンが近づくにつれ、噂は強まりつつある。

 マトンは以前、来季に向けて10名程度のドライバー候補を考えており、8月末には候補者を4~5名に絞りたいとしており、交渉の扉はつねにオープンであり、クリス・ミークとヌービルというドライバーラインアップはエース同士のコンビになるだろうと語っている。

「(ヌービルとの契約は)方法のひとつではある」とマトン。

「ヌービルとクリスは、ふたりとも個性豊かなエースドライバーだと思う。しかし、心配する必要はないよ。私は世界ツーリングカー選手権(WTCC)で個性あふれるドライバー4人をまとめ上げたことがあるからね」

「(ヌービル獲得は)あくまで想定されるシナリオのひとつだ。いまは、ほかのシナリオについて考えを巡らせている」

「今月中には、どのシナリオがベストな選択肢かを見極めるつもりだ。その後、具体的なドライバーラインアップについて話を進めたい」

 現在、ヒュンダイで3シーズン目を過ごしているヌービルは、来季の契約に関して口を固く閉ざしているが、近しい関係者はヒュンダイとの関係は今季限りで終わるだろうとしている。また、来季WRCに復帰するTOYOTA GAZOO Racingもヌービル獲得を検討していると報じられている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月15日(月)19時24分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。