ここから本文です

TRACY SPORTS、スーパー耐久富士SUPER TECで関口雄飛を起用へ

オートスポーツweb 8月15日(月)20時52分配信

 スーパー耐久ST-3クラスにMUTA Racing TWS IS350で参戦する強豪TRACY SPORTSは、9月3~4日に富士スピードウェイで開催される第4戦富士SUPER TECで、第3ドライバーとして関口雄飛を起用すると発表した。

【関口が乗り込むMUTA Racing TWS IS350】

 実績あるIS350と、抜群の安定感を誇る堀田誠、どんなマシンでも乗りこなす阪口良平のコンビで今季ここまで3連勝。激戦のST-3クラスで素晴らしい成績を誇るMUTA Racing TWS IS350に、さらなる強力な助っ人が加わることになった。スーパーGT500クラス、スーパーフォーミュラで大活躍をみせる関口だ。

 チームは関口の起用について「悲願の年間チャンピオン獲得へ向けて、チームとしてより万全なる体制を敷くために、このシリーズでいちばん長いレースである富士SUPER TEC 9時間レースの助っ人ドライバーとして、速さ、実績、強さともに申し分のない、いまいちばん日本で速いドライバー、関口雄飛選手に加入してもらい、よりチーム力をアップさせることとなりました」と理由を説明した。

 また、堀田も「3連勝のあとのレースということで、強豪の各チームが絶対に僕らに勝ってやろうとクルマを仕上げてくると思っています。今回のレースも9時間ということで、チームとドライバーを探してたのですが、まわりの方の協力もあり、僕と普段から親交のある関口選手が、快く了承してくれてホッとしています」という。

「いま日本一速いドライバーと組んでレースできるのは幸せなことだと思うので、いろいろ吸収していいレースをしたいですね。チームのみんなと力を合わせてがんばって、なんとか優勝して4連勝したいです」

 シリーズ最長となる9時間で争われる富士SUPER TECのST-3クラスには、本山哲と安田裕信が加納政樹とトリオを組んでフェアレディZを駆り参戦する予定など、豪華ドライバーの参戦が相次いで発表されている。関口の参戦で、ファンにとっても非常に楽しみなレースとなりそうだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月15日(月)20時53分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。