ここから本文です

【Chart insight of insight】オリンピックを征するのは誰? リオ五輪テーマソングを歌う安室奈美恵とSMAP

Billboard Japan 8/15(月) 12:10配信

 ついにリオデジャネイロ五輪が開幕した。連日熱戦を繰り広げていて、毎日寝不足という方も多いことだろう。オリンピックというと、テレビ局各局のテーマソングが毎回話題になるが、今回も充実したラインナップで大会を盛り上げてくれている。

 頭ひとつ抜きん出たのは、今週8位にランクインした安室奈美恵の「Hero」(【表1】)。NHKのテーマソングに起用されたこの曲は、彼女らしいダンサブルで前向きなナンバーだ。オリンピック中継自体が民放よりもNHKの方が充実していることもあり、この曲に軍配が上がるは当然。発売週だった先週は3位だったので少し順位は下がったが、CDのPCでの読み取り数では6位から4位へと順位を上げていることからも、レンタルなどによって聴いている層が広がっていることが想像できる(オレンジのグラフ)。また、ラジオのオンエア回数も3週連続でベスト5に入っているため(緑のグラフ)、メダル獲得などのニュースが入る度に、まだまだ関連付けてオンエアを伸ばすことだろう。いずれにせよ、今回のオリンピックを代表する楽曲であることには間違いない。

 次に順位を伸ばしているのが、26位にランクインしたSMAPの「ありがとう」(【表2】)。こちらはTBSの中継テーマソングで、中居正広がメインキャスターを務める関係で起用されたようだ。しかし、新曲ではなく10年前にリリースしたシングル曲というのが異例ではある。そういうこともあり、ラジオのオンエアなどのポイントは圏外だが、ツイッターのつぶやき数がいきなり今週2位と急上昇(水色のグラフ)。解散騒動での購買運動の余韻もあり、SMAPを盛り上げようという機運の高まりもチャートに反映されているといえる。

 他にも、リリースが未定の嵐や、配信のみで発表された福山雅治など、リオ五輪絡みの楽曲はまだまだある。今後どのような動きを見せるのか、日本選手の活躍同様に注目しておきたい。text by 栗本斉

表1:「Hero 」安室奈美恵
表2:「ありがとう」SMAP

最終更新:8/15(月) 12:10

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]