ここから本文です

木村カエラ 「みんながここに来るから、私もここにくるの」音楽モード突入で“新しい今日”が見えた【RIJF2016】(独自記事)

Billboard Japan 8/15(月) 12:10配信

 10月に1年10か月ぶりのニューアルバム『PUNKY』のリリース、それに伴うツアーの開催など、音楽活動のアクセルを踏み出した木村カエラが、国営ひたち海浜公園にて開催されている【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016】に出演し、新曲「BOX」を含む全9曲を披露した。

木村カエラ 【RIJF2016】ライブ写真一覧

<木村カエラ 何万人もの観衆を一つに! 「リルラ リルハ」弾き語りで披露も>

 大胆なショートヘアにイメチェンし、この日のライブでも登場から“パンクロッカー”を思わせるノリノリな登場で観衆を沸かせる木村カエラ。一発目の「sonic manic」で“温度上げてぇ!”“声を上げてぇ!”と会場に集まった何万人もの観衆へ一体感を煽る、その姿はデビュー当時からのキャラクターと大差なく、彼女を追い続けてきたファン、TVメディアなどで知る“カエラ”像を持った観衆も興奮の幕開けだった。

 ステージ上のパフォーマンスは何もかも木村カエラそのもの。震えて投げキッスしたり、くるくる回ってジャンプで締めたりと、ロック&キュートなアイコンとしてそこに存在していた。そして観衆のそれに対するレスポンスもライブで生き続け、鳴り響く。また、会場からの「ライブいいよ!」の声に木村カエラが「なによ! じゃあ、こっち来て歌ってみなよ」と応答する場面なんかも、その昔「木村って言うな!」のくだりを思い出させた。けれど、スラーを感じる歌唱法や、「リルラ リルハ」をアコースティック弾き語りで披露するなど、パフォーマンスの幅を広げ、より“その音楽の持つ力”を魅せてくれるのだった。

<佐藤征史(くるり)も加わった豪華バンド! 胸の中で響きつづける「TODAY IS A NEW DAY」>

 常に豪華なプレイヤーが結集する木村カエラ・バンド。この日のバンドメンバーには、くるりの佐藤征史(b)が参加し、コーラスまでも担っていた。ライブ後半、木村カエラは「これから盛り上がっていってもいい?」とポップなアッパーチューンを畳み掛け、その中で「You bet!!」「TODAY IS A NEW DAY」と続いたとき、この楽曲を手がけた渡邊忍のコーラスを感じる。しかし、それは佐藤征史によるものだった。

 “あの頃”を追いかけてしまうファンも多いかもしれない、だが今までも木村カエラ・バンドは変わり続け、新たな楽曲が生まれ続けて来たではないか。誰でも、何に対しても“変化”するということを恐れ、足踏みをする。何が善で悪かも分からないが、木村カエラに対しては“きみのためにずっと歌い続けるから”という軸を常に、実際に我々にみせてきてくれた。それを想いめぐらせながら蒼天を見上げ聴こえてきた「TODAY IS A NEW DAY」の一節“新しい今日だ”が、今も心に残っている。

<“心は宝物を貯め込む場所なんだよ”新アルバム『PUNKY』より新曲「BOX」を披露! >

 「みんながここに来るから、私もここにくるの」とファン歓喜のMCをする木村カエラは続けて、「心の中に尖った思いってあるでしょ? 誰にも伝えられないけど、思う気持ちってあるでしょ?」と10月に発売する新アルバム『PUNKY』に込めた想いを告白。そしてアルバムにも収録される「心は自分の見たくないものとか、嫌なものを捨てる場所じゃないんだよ。宝物をいっぱい貯め込む場所なんだよ。」と、新曲「BOX」でライブは締めくくられた。

 木村カエラは、アルバムリリース、ツアー開催に向けて、既に走り出している。ステージ上での振舞いは相変わらず、パフォーマンスは幅を持った彼女のライブを今一度観ておくべきだ。そして、我々の一歩を後押ししてくれるような新曲にも期待したい。

取材&テキスト:古川泰佑

◎木村カエラ@【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016】
8月7日(日)国営ひたち海浜公園 セットリスト
1.sonic manic
2.STARs
3.BEAT
4.リルラ リルハ(弾き語りVer.)
5.Butterfly
6.Magic Music
7.You bet!!
8.TODAY IS A NEW DAY
9.BOX

バンドメンバー
・木村カエラ(vo,g)
・會田茂一(g)
・佐藤征史(b,cho)
・柏倉隆史(dr)
・H ZETT M(key)

◎アルバム『PUNKY』
2016/10/19 RELEASE
[初回盤] VIZL-955 3,700円+税
[通常盤] VICL-64563 3,000円+税
<主な収録楽曲>
「EGG」:TBS系木曜ドラマ劇場『37.5℃の涙』挿入歌 「恋煩いの豚」:クラシエ『ナイーブ』CMソング
「BOX」:Microsoft『Surface Book』タイアップソング
「向日葵」:映画『バースデーカード』主題歌

◎【STUDS TOUR supported by クラシエ naive】
2016年
10月18日(火)東京・赤坂BLITZ
10月19日(水)東京・赤坂BLITZ
10月24日(月)広島・CLUB QUATTRO
10月26日(水)新潟・NIIGATA LOTS
11月11日(金)北海道・札幌PENNYLANE 24
11月14日(月)愛知・名古屋DIAMONDHALL
11月16日(水)兵庫・神戸CHICKEN GEORGE
11月17日(木)大阪・なんばHatch

◎【DIAMOND TOUR】
2017年
1月28日(土)埼玉・戸田市文化会館
1月29日(日)宮城・仙台電力ホール
2月5日(日)石川・金沢市文化ホール
2月11日(土)神奈川・神奈川県民ホール
2月25日(土)愛知・愛知県芸術劇場 大ホール
3月1日(水)福岡・福岡国際会議場メインホール
3月3日(金)東京・国際フォーラム ホールA
3月5日(日)愛媛・西予市宇和文化会館
3月6日(月)大阪・フェスティバルホール

最終更新:8/15(月) 12:10

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]