ここから本文です

楽天・茂木が待望の復帰! 終盤戦の経験を今後の糧に

ベースボールキング 8/15(月) 11:00配信

シーズンが進むにつれて評価はうなぎ上り

 8月4日、楽天に頼もしい男が帰ってきた。ドラフト3位ルーキー・茂木栄五郎だ。

 6月26日のソフトバンク戦で二塁ベースカバーに入った際、逸れた送球を捕ろうと体勢を崩し、一塁走者・本多雄一のスパイクを右手に受けてしまった。骨や腱を痛めたわけではなかったのは不幸中の幸いだが、3カ所、計17針も縫う大ケガだった。以来、38日ぶりの一軍の試合。この日のオリックス戦、7番・遊撃でスタメンフル出場を果たした。

 楽天のルーキーのなかで、今季開幕前から注目を集めていたのは、なんといってもドラフト1位のオコエ瑠偉である。だが、キャンプ、オープン戦、そしてシーズンを通して、茂木の評価はどんどん上がっていった。

 茂木は東京都小金井市出身。小学1年で野球をはじめ、桐蔭学園高に進学すると、名門のなかで1年秋から4番・サードのレギュラーを奪取。3年夏の神奈川県大会では、準決勝で松井裕樹(現楽天)擁する桐光学園高に惜敗し甲子園出場はならなかったものの、自身は打率.423、2本塁打、5打点の好成績を残した。

 早稲田大進学後も1年春からレギュラーとして東京六大学野球リーグに出場。3年秋には打率.514で首位打者を獲得し、4年春の全日本大学野球選手権大会では打率.615でチームの優勝に大きく貢献。首位打者、そして文句なしのMVPを獲得している。

チームの苦境で力を発揮する“諦めない心”

 身長171cmと小柄だが、巧みなバットコントロールに加えてパンチのある打撃は、今季のルーキーのなかでも傑出している。今季開幕後、主に6番打者を務めていた茂木だが、離脱前にはクリーンアップの一角を担うほど、首脳陣の信頼を獲得。現在の個人成績は、78試合に出場して、打率.279、1本塁打、27打点。プロ1年目ということを勘案すれば、十分過ぎる数字である。

 さらに、多少の粗さはあるものの、経験のなかった遊撃を無難にこなす守備センスも備え、これまで9盗塁をマーク。憧れの選手がチームの先輩・松井稼頭央というのも納得の高い総合力を見せつけ、いまやチームになくてはならない存在だ。

 さらに心強いのは.300と高い得点圏打率。離脱の影響で残念ながら規定打席には到達していないが、これはリーグ8位に相当する数字だ。とにかくアピールしなければならない1年目ということもあるが、この数字は、1打席1打席に集中し、たとえ劣勢であっても決してゲームを捨てない姿勢の表れに他ならない。そういった姿勢は、戦う集団のなかでチームメートを鼓舞することにもなる。

 一軍復帰戦となったオリックスとの試合では、相手エース・金子千尋の前に無安打に終わったが、4回には安達了一の遊ゴロをジャンピングスローでさばくなど軽快な守備を披露し、ファンを一安心させた。

 現在、チームは4位。3位ロッテとは13ゲーム差の開きがあり、CS進出は難しいものとなっているが、茂木の復帰はこの上ない朗報だ。体力的にも精神的にも厳しさを増す終盤戦で、決して諦めない男・茂木がなにをつかむのか。その経験は必ず来季にも生きてくる。

文=清家茂樹(せいけ・しげき)

BASEBALL KING

最終更新:8/15(月) 15:03

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。