ここから本文です

最後まで粘りを見せるも…市和歌山が逆転負け敗退

ベースボールキング 8月15日(月)12時16分配信

第98回 高校野球選手権大会
市和歌山 4 - 6 日南学園
<2回戦 8月15日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は大会9日目。この日の3試合をもって2回戦が終了し、3回戦進出チームが出揃う。

 第1試合では春夏連続出場の市和歌山(和歌山)が、同じく春夏連続出場の日南学園(宮崎)と対戦。最後までお互いに譲らぬ接戦となるも、4-6で惜敗した。

 初戦は星稜(石川)を8-2で下し、2回戦に駒を進めた市和歌山。鍛え上げた守備力が光り、大会タイ記録となる5併殺を記録。打ってもソツのない攻撃で得点を重ねた。

 初戦で12安打を放った打線はこの日も先取点を奪う。2回、制球に苦しむ相手先発の蓑尾陸(3年)を攻め、連打と犠打で一死二、三塁のチャンスを作ると、栗栖拓巳(3年)の平凡な内野ゴロを相手の二塁手が後逸。この間に2人が生還し、ラッキーな形で先制に成功した。

 なおも四球で一、二塁とチャンスを作り、二死となった後に河崎真(3年)がタイムリー。幸先良く3点を奪った。


 ところが、先発の栗栖が徐々に相手打線に捕まる。3回に1点を返されると、5回には相手3・4番の連打で同点に。さらに6回には満塁のピンチを作ると、打撃妨害によって1失点。続く打者には押し出しの四球を与えてしまい、3-5と逆転を許した。

 打線は2回からリリーフした相手のエース左腕・森山弦暉(3年)に苦戦。7回に4番の北嶋陸(3年)がタイムリーツーベースを放ったが、反撃はその1点止まり。9回に二死からダメ押しの1点を奪われ、4-6で敗れた。


▼ 市和歌山・半田真一監督
「選手たちはよく頑張ってくれた。打撃妨害の後がたがたっといくかなと思いましたが、踏ん張ってくれました」

BASEBALL KING

最終更新:8月15日(月)12時18分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報