ここから本文です

プロ注目左腕から11安打も…樟南、「もったいない」試合運びで敗退

ベースボールキング 8/15(月) 17:01配信

第98回 高校野球選手権大会
花咲徳栄 6 - 3 樟南
<2回戦 8月15日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は、大会9日目。2回戦最終日の第2試合は、花咲徳栄(埼玉)が樟南(鹿児島)と対戦。樟南は相手を上回る11安打を放ちながらも3-6で敗れ、前回出場の2013年に続いて3回戦進出を逃した。

 樟南は、花咲徳栄のエース高橋昂也(3年)から毎回先頭打者がヒットで出塁。プロ注目の左腕に臆することない打撃を見せたが、バント失敗や2度の牽制死などで相手を助けてしまう。

 しかし、簡単に二死を取られた4回に先制に成功する。7番の折尾昂靖(2年)がファウルで粘り、レフトへのポテンヒットで出塁。続くピッチャーの浜屋将太(3年)が左中間を破る二塁打を放ち、好投手から1点を奪った。

 浜屋と畠中優大(3年)の両左腕で鹿児島大会を勝ち上がって来た樟南は、初戦に続き先発した浜屋が5回までヒット1本しか許さない投球。しかし、6回に崩れる。

 先頭打者を死球で出し、犠打と四球で二死一、三塁。迎えた打者の強い打球はピッチャーライナーかと思われたが、ボールがグラブを弾き、内野安打となる間に1人が生還して同点。続く打者にもライト線を破られ、逆転を許した。

 このあとタイムリーで1点を失い、樟南は3点を追いかける展開となる。

 浜屋は続く7回にも先頭を四球で出し、犠打で二塁とされたところで、畠中にスイッチ。しかし、畠中も2本のタイムリーを許して2点を失ってしまう。

 打線も初回から毎回ランナーを出し、5回を除けば毎回ヒットで高橋昂を苦しめたが、勝負所で打ち取られてなかなか2点目が奪えない。

 ようやく最終回、代打の宝満水晶(3年)の内野安打にトップバッターの今田塊都(3年)がこの日4本目のヒットとなる二塁打で続くと、代走で入っていた宮下賢(3年)が好走塁で一気に生還。その後、ショートゴロの間にも1点を返したが、後続が倒れて追い上げはこの2点止まり。3-6で敗れた。

▼ 樟南・山之口和也監督
「試合の運び方は非常にうまくいったと思う。前半の走塁ミスが痛かった。もう少し丁寧にいっていれば違った展開になったのではないか。かき回しながら変化球をあまり投げさせないという、高橋投手への対策がうまくいっただけにもったいないなかった」

BASEBALL KING

最終更新:8/15(月) 17:02

ベースボールキング