ここから本文です

エース・堀、きょうは省エネ・90球で完投!広島新庄が初の3回戦進出

ベースボールキング 8月15日(月)18時30分配信

第98回 高校野球選手権大会
広島新庄 7 - 1 富山第一
<2回戦 8月15日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は、大会9日目。2回戦最後の試合となった第3試合は、広島新庄(広島)が7-1で富山第一(富山)を破り、初の3回戦進出を決めた。

 初戦では延長12回の激闘の末、関東一(東東京)を下した広島新庄。エース左腕の堀瑞輝(3年)は177球の熱投から中4日での登板となる。

 コンディション面が心配されたが、立ち上がりから伸びのある速球を武器に快投を披露。初回から3回まで9者連続アウトの完全投球でスコアボードにゼロを並べていく。

 すると3回、豊岡稜人(3年)が内野ゴロで併殺に倒れるも、挟殺プレーの間に走者がホームを踏んで先制。好投するエースを援護する。

 しかし4回、堀が先頭に二塁打を打たれて初の走者を背負うと、犠打で進塁を許し、内野ゴロの間に失点。試合は振り出しに戻った。


 1-1の同点で迎えた6回、広島新庄がチャンスを作る。打ちあぐねていた2番手右腕・森圭名(3年)を攻め、二死満塁から9番の古本幸希(3年)が勝ち越しのタイムリーツーベース。一塁走者はホームでタッチアウトとなるも、3-1とリードを奪った。

 8回には田中政範(3年)がタイムリーを放つと、好投を続ける堀も一、二塁から走者一掃のスリーベース。つづく古本の犠飛でもう1点を加え、7-1とダメを押した。

 投げては堀が9回を投げ抜き、初戦に続く1失点の完投。初戦では177球という球数を要したが、この日は90球の省エネ投球で富山第一を封じた。

BASEBALL KING

最終更新:8月15日(月)18時36分

ベースボールキング