ここから本文です

「奇跡のようで嬉しいです」――米津玄師、RIJF最終日に新曲“LOSER”初披露!

RO69(アールオーロック) 8/15(月) 11:00配信

米津玄師が、今月14日に開催されたROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016の最終日、LAKE STAGEの大トリとして出演した。

同ステージには、1万人を超えるオーディエンスが集まり、バンドメンバーを率いて米津が登場すると、会場は大きな盛り上がりをみせた。ステージでは“アンビリーバー”、続いて“ゴーゴー幽霊船”をパフォーマンス。米津は「4日間あるこのフェスの最終日、最後のアクトに選んでもらえて光栄です、ありがとう」と語った。

続いて披露された“メランコリーキッチン”では、会場は大歓声に包まれた。前作アルバム『Bremen』からあ“Blue Jasmine”、続いて“アイネクライネ”を歌いだした瞬間会場のテンションを最高潮になった。

「18の時に初めてFESに行って楽しいなと思うと同時に照明に照らされたステージを他人事に感じた。俺みたいな負け犬には決して関係のないことだと。それを今日は反対に自分がそのステージにたって、それを観に来てくれた人がいる。それが本当に奇跡のようで嬉しいです。」というメッセージの後に、約1年ぶりにリリースが告知されているシングルより“LOSER”が初披露された。最後は、ハチ名義で発表された“パンダヒーロー”、“ドーナツホール”をパフォーマンスし本編を締めくくった。

ステージを下りてからも観客の熱量は収まらず、アンコールに応えるように夜空に満天の花火が咲いた後に登場した米津は「最後にもう一曲だけ、このFESの幕引きにふさわしい一曲を」と語りかけ、“ホープランド”を披露した。

セットリストは以下の通り。

●セットリスト
1. アンビリーバーズ
2. ゴーゴー幽霊船
3. メランコリーキッチン
4. Blue Jasmine
5. アイネクライネ
6. LOSER
7. パンダヒーロー
8. ドーナツホール
EN. ホープランド

RO69(アールオーロック)

最終更新:8/15(月) 11:00

RO69(アールオーロック)

なぜ今? 首相主導の働き方改革