ここから本文です

県内、強い雨 金沢市では2週間ぶり

北國新聞社 8/15(月) 16:10配信

 15日の石川県内は日本海を東に進む低気圧の影響で雨脚が強まり、正午までの1時間最大降水量は輪島32・5ミリ、輪島市三井29・0ミリ、金沢20・5ミリなどとなった。

 金沢市中心部では、たたきつける雨の中、駆け足で先を急ぐ人たちの姿がみられた。金沢地方気象台によると、県内が広範囲で雨となったのは9日以来で、金沢では2週間ぶりに降水量を観測した。

 正午までの最高気温は金沢28・2度、小松27・8度など全11観測地点で30度を下回り、暑さが一服した。同気象台は県内全域に雷注意報、かほく市と川北町を除く17市町に大雨、洪水注意報を発表した。

北國新聞社

最終更新:8/15(月) 16:10

北國新聞社