ここから本文です

「準備が整っていない」…ケガ人続出のアーセナル、開幕戦でさらに2選手が負傷

SOCCER KING 8月15日(月)11時47分配信

 アーセナルに、負傷離脱者が続出している。アーセン・ヴェンゲル監督がクラブ公式HPを通じて試合後についてコメントしている。

 14日にプレミアリーグの開幕戦でリヴァプールと対戦したアーセナル。フランス代表DFローラン・コシェルニーが開幕に間に合わず、ドイツ代表DFペア・メルテザッカーやブラジル代表DFガブリエウも負傷中のアーセナルは、新加入の20歳、イングランド人DFロブ・ホールディングと21歳の同DFカラム・チェンバースがセンターバックのコンビを組んだ。しかし4失点を喫するなど守備の不安定さを露呈する結果になり、試合も終盤の追い上げで1点差まで詰め寄ったが3ー4で敗北。厳しい幕開けとなった。

 試合中、アーセナルは更に苦しい状況に追い込まれた。後半に入って50分にイングランド人FWアレックス・アイオビがピッチに倒れこみ、途中交代した。61分にはウェールズ代表MFアーロン・ラムジーも負傷によりピッチを去っている。

 同HPを通じアーセン・ヴェンゲル監督はラムジーがハムストリング、アイオビがももにケガを負ったことを明かしている。度合いや復帰の目処について詳細はまだ発表されていない。

 ここ4シーズンの開幕戦のうち3試合で敗れていることに関して質問されると「フィジカル面で準備が整っていないんだ」と理由を説明。その上で「どうしようもない状態だ。選手たちに休暇を与えて戦力が欠けた状態で開幕を迎えるか、それとも彼らをプレーさせて今日のラムジーのように負傷してしまうかだ」と苦しいチーム状況に肩を落とした。

 またユーロ2016に出場し、コンディションがまだ整っていないフランス代表FWオリヴィエ・ジルーやコシェルニー、ドイツ代表MFメスト・エジルが次節に出場できるか問われると、「トライするよ。でも十分に準備ができていなければ、ケガしてしまうだろうね」と、これ以上の戦力ダウンは避けたい様子だった。

 アーセナルは20日に行われるプレミアリーグ第2節で昨シーズンの王者レスターと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:8月15日(月)12時21分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。