ここから本文です

“イブラ対策”よりも重要なのは…吉田、次節マンU戦へ「もっと自信を持って」

SOCCER KING 8/15(月) 16:35配信

 13日に行われたプレミアリーグ第1節で、ワトフォードとホームで1-1と引き分けたサウサンプトン。フル出場を果たした日本代表DF吉田麻也は試合後、次節のマンチェスター・U戦に向けて「今日の前半は眠っていた。もっと自信を持って戦わないと」と、さらなる奮起を誓った。イギリス紙『デイリーメール』が14日にコメントを伝えている。

 プレミアリーグでの5シーズン目を迎えた吉田は、開幕戦でフル出場を果たした。ただ、チームはホームで勝ち切れず、勝ち点1を得るにとどまった。吉田は試合を終えて「ホームゲームでしたし、1ポイントを獲得したという考えではありません。2ポイントを失ったと思っています」と引き分けを悔やみ、以下のように続けた。

「今日の前半、僕たちは眠っていたと思います。後半は良くなりましたが、手遅れでした。もっとダイナミックに(プレー)する必要があります。サイドからサイドへのパス、あるいはバックパスばかりで、そこからボールを失ってリズムを掴むことができませんでした」

 サウサンプトンは次節、19日にマンチェスター・Uと対戦する。ジョゼ・モウリーニョ監督を招へいし、大型補強で注目を集めるビッグクラブとの対戦を前に、吉田は「重要なのは自分たちのこと」と強調した。

「ズラタン・イブラヒモヴィッチやモウリーニョとの対戦ということよりも、自分たちのことが重要だと思います。今日のようなプレーをしていては、相手にやられてしまいますから。昨シーズンのように、いや、昨シーズン以上に自信を持ってプレーをすれば、素晴らしい結果がついてくると思います」

SOCCER KING

最終更新:8/15(月) 16:35

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報