ここから本文です

負傷交代でも大記録樹立…イニエスタ、594戦出場でバルサ歴代2位に

SOCCER KING 8月15日(月)17時34分配信

 スーペル・コパ(スペイン・スーパーカップ)2016のファーストレグが14日に行われ、日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャとバルセロナが対戦。バルセロナが敵地で2-0と快勝し、タイトル獲得へ大きく前進した。

 同試合の先発メンバーに名を連ねたバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、35分に負傷交代。バルセロナは試合後、同選手が右ひざを打撲したと発表し、翌15日に検査を受けると伝えた。

 負傷状況が心配されるイニエスタだが、セビージャ戦のピッチに立った時点で出場試合数記録を樹立していた。スペイン紙『マルカ』が14日に伝えている。

 報道によると、イニエスタはセビージャ戦で公式戦の通算出場数を「594」に伸ばし、バルセロナ歴代2位に浮上。同試合前までは元スペイン代表DFカルレス・プジョル氏と同数で並んでいたが、単独で2位となった。なお4位は元スペイン代表DFミゲリ氏の「549」、5位は元スペイン代表GKビクトル・バルデス(現ミドルズブラ)の「535」と続いている。

 そしてバルセロナ歴代出場数トップに君臨しているのは、元スペイン代表MFシャビ(現アル・サッド)で「766」となっている。他を圧倒する実績を残している同選手の記録を追う32歳のイニエスタは今後、どこまで出場数を伸ばすことができるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:8月15日(月)17時34分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。