ここから本文です

安藤梢、ドイツ1部エッセンとの契約を1年延長「さらにレベルアップを」

SOCCER KING 8月15日(月)18時5分配信

 ドイツ・女子ブンデスリーガ1部所属のSGSエッセンは14日、FW安藤梢との契約を1年延長したと発表した。

 安藤は昨年6月8日、カナダ・ワールドカップ初戦のスイス戦で左足の腓骨外果骨折という大ケガに見舞われ、前所属のフランクフルトの契約を満了した後、復帰に向けたリハビリに励んでいた。そして同年10月にエッセンへ移籍。加入後はリーグ戦15試合に出場して2ゴールを挙げた。

 なお安藤は契約延長にあたり、以下のようにコメントを発表している。

「昨年、これまで経験したことのない大きなケガに見舞われました。今夏、国内でその時に入れたプレートの除去手術をし、リハビリを重ねさらにパワーアップしました」

「今シーズンもエッセンで、よりプレーの質を高め、さらにレベルアップを目指し、応援してくださるみなさんに良い報告を届けたいと思います!」

 安藤は1982年生まれの34歳。さいたまレイナスFC、浦和レッズレディースを経て、2009年にドイツへ渡った。FCR2001デュースブルク、フランクフルトと渡り歩き、昨年5月には日本人選手3人目となるUEFA女子チャンピオンズリーグ制覇を達成。昨年10月からエッセンでプレーしている。

 なお、エッセンの新シーズン初戦は9月3日、MSVデュースブルクと対戦する予定となっている。

SOCCER KING

最終更新:8月15日(月)18時5分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。