ここから本文です

激怒のGK、ポストに蹴り入れスパイク交換も…PKダブルストップで優勝

SOCCER KING 8月15日(月)19時41分配信

 ガラタサライに所属するウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラが激怒した。14日付けのイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 ムスレラは13日のトルコ・スーパーカップのベジクタシュ戦に出場。スコアレスのまま突入した延長戦でガラタサライが先制点を奪うと、興奮した同クラブのファンがピッチ内に発煙筒を複数投げ込み試合が一時中断した。この行為に激怒したムスレラは自身が守るゴールのポストに蹴りを入れ、観客席の方へ歩いて行き大声で何か言葉をかけている。発言の内容は不明だが彼のジェスチャーからは怒りが伝わってくる。

 強烈なキックが原因でスパイクに不具合が出たようで、新しい物に履き替えて再び試合に戻ったムスレラ。その後オウンゴールで同点に追いつかれたが、PK戦では相手のキック2本をセーブする大活躍でチームを栄冠に導いた。

 現在30歳のムスレラは、モンテビデオ・ワンダラーズでデビューを飾り、2007年にラツィオで欧州初挑戦。4年間を過ごした後、2011ー12シーズンよりガラタサライに移籍すると、絶対的守護神としてチームを支えてきた。昨シーズンはリーグ戦やチャンピオンズリーグなど48試合でゴールマウスを守っている。

 同試合に関しては、スタジアム外でも両軍のサポーター間でトラブルがあるなど、プレー以外のシーンが注目を集めた。観客の行為を一喝したムスレラは、プレーでもPKを止める活躍。ピッチ内外で大きな存在感を示した。

SOCCER KING

最終更新:8月15日(月)19時41分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。