ここから本文です

開幕戦屈指の好カードも対照的なチーム状況…リバプールがアーセナルとの乱打戦制す

ゲキサカ 8月15日(月)1時56分配信

[8.14 プレミアリーグ第1節 アーセナル3-4リバプール]

 プレミアリーグは14日、第1節2日目を行った。エミレーツ・スタジアムではアーセン・ベンゲル監督が率いるアーセナルと、ユルゲン・クロップ監督が率いるリバプールの好カードが開幕戦から実現。激しい打ち合いとなった試合は4-3でリバプールが制した。

 いきなりのビッグゲームとなったが、チーム状況は対照的だ。MFサディオ・マネやMFジョルジニオ・ワイナルドゥムらを獲得し、1か月で9試合のプレシーズンマッチをこなし、完成度を高めてきたリバプールに対し、アーセナルは、EURO組が合流したばかりで、センターバックのDFペア・メルテザッカーとDFガブリエル・パウリスタが負傷。補強もなかなか進まず手負いのシーズンインとなった。

 立ち上がりは開幕戦らしく慎重な入りとなった。前半20分あたりから攻守の切り替わりが早くなり始めると、同29分にFWセオ・ウォルコットがDFアルベルト・モレノにPA内で倒され、アーセナルが先制のチャンスを得る。PKのキッカーはウォルコット。助走から思い切りよく右足を振り抜くとゴール左に飛んだが、GKシモン・ミニョレに読まれ、痛恨のPK失敗に終わった。

 だが、試合を動かしたのはアーセナルだった。前半31分、MFフランシス・コクランが敵陣でボールを奪うと、FWアレックス・イウォビがPA内で絶妙なラストパスを送る。これを受けたウォルコットが右足でゴール左隅に流し込み、アーセナルが先制。ウォルコットはPK失敗から約1分後に汚名返上の先制点を決めた。

 手負いのアーセナルに先制点を許してしまったリバプールは前半40分、カウンターからPA左でパスを受けたMFコウチーニョがマイナスに折り返したボールをワイナルドゥムが右足で狙うもGKペトル・チェフのセーブに遭う。それでも同アディショナルタイム1分にゴールから約30メートルの位置でFKを獲得すると、キッカーのコウチーニョが右足で直接狙う。GKから逃げるようにカーブしたシュートがゴール左上に突き刺さり、1-1で前半を折り返した。

 同点に追いつかれたアーセナルは、心配されたDFロブ・ホールディング(20)とDFカルム・チャンバース(21)の若手センターバックを中心とした守備が後半に崩れてしまう。リバプールは後半4分、コウチーニョのダイレクトパスでPA左に抜け出したワイナルドゥムが中央に上げたボールをMFアダム・ララナが胸トラップから右足で決め、2-1。リバプールが後半開始早々に逆転に成功した。

 さらにリバプールは後半11分、右サイドからDFナサニエル・クラインが上げたシュート性のクロスが、ゴール前に走り込んだコウチーニョの左足にピッタリ合い、3-1とリードを広げる。勢いが止まらないリバプールは同18分にも右サイドでパスを受けたマネがチャンバースをかわして中央に切れ込み、DFナチョ・モンレアルを翻弄して左足シュート。マネのスピードをいかした突破でリバプールが4-1とした。

 後半に3失点を喫したアーセナルは直後の後半19分、左サイドでパスを受けたMFアレックス・オクスレード・チェンバレンが相手2人の間を抜けて中央に切れ込むと、PA左から右足シュートをニアに流し込み、2-4。反撃の狼煙を挙げると、同30分には左サイドで獲得したFKからMFサンティ・カソルラが入れたインスイングのボールをチャンバースがヘッドで合わせ、1点差に詰め寄った。

 しかし、アーセナルはあと一歩及ばず、3-4のまま敗戦。アーセナルは2年連続で開幕黒星を喫した。

最終更新:8月15日(月)2時5分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]