ここから本文です

アーセナル守護神の散々な一日…名手チェフ、4失点敗戦後に愛車を破損

ゲキサカ 8月15日(月)13時52分配信

 アーセナルのGKペトル・チェフにとっては悪夢のような一日となった。英『ミラー』が報じている。

 アーセナルは14日、プレミアリーグ第1節でリバプールをホームに迎えた。前半31分にFWセオ・ウォルコットのゴールで先制したアーセナルだったが、前半終了間際から後半18分までに一気に4失点。直後の後半19分にMFアレックス・オクスレード・チェンバレン、後半30分にDFカルム・チャンバースが得点を返したが、あと一歩及ばず、3-4で開幕戦を落とした。

 昨季16度のクリーンシート(完封試合)で、通算4度目となるゴールデングローブ賞を受賞していたチェフだが、この日はまさかの4失点。ホームで敗戦でファンからもブーイングを浴びていた。だが、不運はこれだけでは終わらない。試合後、チェフは愛車で帰ろうとした際にスタジアムの駐車場内の柱に衝突させてしまい、左前方部分が破損した様子。この写真がSNS上で広まり、話題となっていた。

最終更新:8月15日(月)14時4分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。