ここから本文です

フットボール狂コンテ「試合前日の睡眠時間は2、3時間」

ゲキサカ 8/15(月) 19:09配信

 今季からチェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は「試合の前は眠れないことが多い」ようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

 15日にホームで行われるウエスト・ハム戦で新シーズンをスタートさせるチェルシー。昨季プレミアリーグで10位に終わったチームの再建を託されたコンテ監督は、試合前日の夜にベッドの中でさまざまなインスピレーションが浮かび、眠れぬ夜を過ごしているという。

「試合の前は眠れないことが多い。睡眠時間は2、3時間かな。試合のことを考えると目が冴えてくるんだ。夜明けごろに限って良いアイディアが浮かんでくるんだよ」

 ただ、眠れなくなるのは試合前日だけに限らないようだ。「試合後は勝てばぐっすりと眠れるが、負ければそうはいかない。一晩中、敗因を探っているよ。試合映像をチェックしてどこが問題だったか、誰が問題を引き起こしていたか、戦術は適切だったかを考えるんだ。いち早く解決策を見出さないといけないからね」と完璧主義な一面を見せた。

 コンテ監督は自身と同じような情熱をチーム全員にも求める。「選手、監督として経験を積んできたが、各選手がチームのために働かなければ勝利はありえない。2、3人だけがチームのために動いていても何も起こらないよ。プレーしている人間も、そうでない人間も含めたチーム全員が一枚岩にならなければならない」。タイトルレースに返り咲くための条件として、選手全員の献身を強調した。

最終更新:8/15(月) 19:09

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]