ここから本文です

「僕のクローンかなあ!?」 G大阪FWパトリック、リオ五輪戦う“そっくりさん”に驚く

ゲキサカ 8月15日(月)20時53分配信

 ガンバ大阪のFWパトリックが、現在ブラジルで開催中のリオデジャネイロ五輪に出場している選手の中に、自身にそっくりな選手がいるとの噂に反応した。

 その選手とは、バレーボールのブラジル代表ウォレス・デ・ソウザ選手。1987年6月生まれの29歳のウィングスパイカーで、前回ロンドン五輪ではブラジルの銀メダル獲得に貢献。また、リオ五輪直前に行われたFIVBワールドリーグでは、ブラジルの準優勝に貢献し、同大会のベストスパイカーに輝いていた。

 パトリックは自身のツイッター(@patricaguiar)を更新し、ウォレス選手のプレー写真をアップ。「僕のクローンかなあ!?」と驚きの様子を綴った。

最終更新:8月15日(月)20時53分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]