ここから本文です

三度目の決勝で悲願達成、明大DF小出「どこのチームの誰よりも、優勝したい気持ちが強かった」

ゲキサカ 8/15(月) 21:59配信

[8.14 総理大臣杯決勝 明治大1-0順天堂大 ヤンマースタジアム]

 重く重く、その肩にのしかかっていた荷を降ろした。3年前、そして1年前にも総理大臣杯決勝の舞台に立ちながら、涙を呑んでいた明治大。ようやく“三度目の正直”で優勝を果たした。誰よりもホッとした表情を浮かべていたのはDF小出悠太(4年=市立船橋高)だった。

 1年時から明治大のCBとして、トップチームでプレーしてきた小出。2013年大会では、ルーキーながら決勝の舞台にも立った。しかしチームは流通経済大に2-3の敗戦で準優勝。

「それまでの試合はやれているという感じで、自信もあったんですけど。決勝戦に至っては身体で負けたり、失点も許してしまって、本当に何もできなかった。全国優勝の厳しさは分かっていましたけど、改めてそれを思い知った。次またリベンジしてやるという気持ちでした」。闘争心に、より火のついた大会だった。

 2014年度は全国切符を逃したものの、昨季は2年ぶりに夏の全国へ戻ってきた。そして、忘れ物を手にするべく決勝進出。FW和泉竜司(現・名古屋)やMF差波優人(現・仙台)、当時3年生だったDF室屋成(現・FC東京)らを擁する万全の布陣で挑んだ。だが、結果は厳しいもの。関西学院大に0-2の零封負けで、またも涙した。

 当時を振り返った小出は「去年の決勝での敗戦は、1年生のときよりもめちゃくちゃ悔しくて。このメンバーで優勝できないなら、いつ優勝できるのか? とも思ったんです」と打ち明ける。

 全国優勝という壁の高さを二度も目の当たりにし、心は折れかけた。それでも同級生と話し合いを重ね、「まだチームには足りないものがある」と日々の練習へ取り組んだ。納得がいかなければ対話を繰り返し、遠慮なく要求もした。ぶつかりあう日々で組織としての円熟度は増していった。

 そして、最上級生として迎えた今大会。小出は決勝の舞台へ戻ってきた。決勝・順天堂大戦では、冷静に最終ラインをコントロール。前半15分の先制後は守備に追われる時間が続いたが、慌てることなく責務を果たした。全国決勝の舞台では一瞬の隙も許されない。過去二度の経験は、身体と心に刻み込まれていた。研ぎ澄まされたプレーで相手の攻撃を断ち、的確なビルドアップでチームを支えた。そしてチームは完封勝利で悲願の日本一に立った。

 紫紺のCBは「自分にとって三回目の決勝の舞台だったので、どこのチームの誰よりも優勝したい気持ちは強かった。それを成し遂げられて、とりあえずホッとしているというか。“三度目の正直”で優勝できたなという気持ちです」と微笑む。

「去年は先輩についていく感じでした。でも自分は、過去に二回も決勝の舞台を経験しているわけで、その経験というのをチームに伝えられれば、他のチームと違った強みになると思っていました。本当にそこは自分の責務というか、やらなきゃいけないことだと思っていたので」。小出は自身の経験をしっかりとチームへ還元した。それは結果につながった。

 来季のヴァンフォーレ甲府入団が内定しているCBは、日本一獲得に安堵の表情を浮かべたが、自身のプレーに話が及ぶと表情を引き締めた。「もちろん目の前のFWには絶対に負けられないですし、来年からプロへ行く選手としてのプレッシャーはあると思うので、それを肝に銘じながら、チームを勝たせられる選手になっていきたいと思います」。

 “シルバーコレクター”を脱した先で手に入れたのは、勝者のメンタリティ。明治大のDFラインに、経験豊富なCB小出が控えているのは頼もしい限り。ここから三冠へ、新たな挑戦がスタートする。

最終更新:8/15(月) 22:02

ゲキサカ