ここから本文です

SMBC日興:米で元GSのセールス幹部を採用-引き受け・販売強化

Bloomberg 8月15日(月)10時10分配信

三井住友フィナンシャルグループは米国債券業務を強化する一環として、米ゴールドマン・サックス証券やHSBCで20年の経験を持つボブ・サリバン氏をエグゼクティブディレクターに起用した。入社は15日付で現地での米社債セールス担当者採用は9人目となる。

SMBC日興証券広報担当の田中慶氏が事実を確認した。サリバン氏はジェフリー・ザバテロ氏が率いる20人の米債券営業グループに加わる。

同社は昨年来、円債市場の約30倍といわれるドル債市場への取り組みを本格化している。中核となる米社債業務では、引き受けでさらに10人程度を採用する方針を6月に示しており、既発債の販売でも採用を進め、引き受け・販売の両面で対応力を強化する。

William Finbarr Flynn, Takako Taniguchi

最終更新:8月15日(月)10時10分

Bloomberg