ここから本文です

ベネズエラ、原油値上げ狙い閣僚が産油国訪問-最低賃金50%引き上げ

Bloomberg 8月15日(月)11時47分配信

ベネズエラのマドゥロ大統領は、最低賃金を50%引き上げた。また、来月の石油輸出国機構(OPEC)の非公式会合前に原油価格引き上げを働き掛けるため、石油相と外相が産油諸国を訪問すると発表した。

賃上げは9月1日から発効、最低賃金で働く全ての労働者のほか、全ての公務員と軍関係者および年金生活者が対象となると説明。食料引換券の支給枚数を増加するとともに、必要なら年内にさらなる賃上げを指示する可能性も指摘した。賃上げは今年に入り3回目。

大統領はベネズエラがOPEC加盟国およびロシアなどの非加盟国の間を調整する取り組みを始めていると述べた。OPECの非公式会合は国際エネルギー・フォーラム(IEF)がアルジェリアで9月26ー28日に開催されるのに合わせて開かれる。

原題:Venezuela Raises Wages 50% as Oil Tour Seeks to Lift Prices(抜粋)

Jose Orozco

最終更新:8月15日(月)11時47分

Bloomberg