ここから本文です

タイ:4-6月期GDP、前年同期比3.5%増-予想上回る

Bloomberg 8月15日(月)12時38分配信

タイの4ー6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)は予想を上回る伸びとなった。軍事政権が道路や鉄道プロジェクトへの支出を加速させ、同国の輸出品の需要低迷を補った。

国家経済社会開発庁(NESDB)が15日発表した4ー6月期のGDPは前年同期比3.5%増。ブルームバーグ・ニュースが調査したアナリスト22人の予想中央値は3.3%増だった。GDPは前期比でも0.8%増と、予想中央値(0.5%増)を上回る伸び。

タイ中央銀行は今月、政策金利の据え置きを決定。将来の行動の余地を残すほか、政府の財政出動が成長を促進するために時間的猶予を与えることを選択した。新憲法草案の是非を問う7日の国民投票が平和的に終了したことは投資家心理の追い風となったものの、先週タイ南部の都市で連続爆発が起きたことで、安全保障を最優先に掲げる軍事政権の決意が試されることになりそうだ。

原題:Thailand’s Economy Expanded More Than Expected in Second Quarter(抜粋)

Suttinee Yuvejwattana

最終更新:8月15日(月)12時38分

Bloomberg