ここから本文です

JFK国際空港で一時ターミナル閉鎖、発砲騒ぎで-安全確認受け再開

Bloomberg 8月15日(月)14時38分配信

ニューヨーク市のケネディ国際空港で14日夜、発砲があったとの未確認情報を受けて2つのターミナルが閉鎖され、乗客らが避難する騒ぎとなった。ニューヨーク市警がツイッターで明らかにしたところでは、実際には「発砲はなかった」ことを警察が確認した。影響を受けたターミナルは業務を再開する。

ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社が電子メールで配布した発表資料によれば、米東部時間同日午後9時半(日本時間15日午前10時半)ごろ、第8ターミナルで銃撃があったとの通報を当局が受けた。同様の通報があった第1ターミナルも午後10時15分ごろに閉鎖され、乗客や空港職員らが避難した。

原題:JFK Airport Terminals Cleared, Operations to Resume, NYPD Says(抜粋)

Rick Clough, Michael Sasso

最終更新:8月15日(月)14時39分

Bloomberg