ここから本文です

インスタグラム、日本でも「ビジネスプロフィール」「Instagramインサイト」「投稿の宣伝」を提供

MarkeZine 8月16日(火)9時0分配信

インスタグラム、日本でも「ビジネスプロフィール」「Instagramインサイト」「投稿の宣伝」を提供

画像

 Instagramは、8月15日(米国時間)、ビジネスコミュニティに向けてビジネスツール「ビジネスプロフィール」「Instagramインサイト」「投稿の宣伝」を導入することを発表した。

【写真・画像】インスタグラム、日本でも「ビジネスプロフィール」「Instagramインサイト」「投稿の宣伝」を提供

 なお、これらのビジネスツールは、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドでは今年5月に発表・導入されている。今回、「ビジネスプロフィール」「Instagramインサイト」は全世界で、「投稿の宣伝」は日本を含む35か国でも利用が可能となった。

●ビジネスプロフィール

 「ビジネスプロフィール」は、電話やメッセージ、メールなど、利用者が企業にコンタクトするときの方法を企業側が選んで設定することができもの。加えて、店舗等の位置情報も掲載できるようになる。

 これまで、Instagram上で利用者が企業と直接コミュニケーションを取りたいときには、主にコメント欄への投稿が使用されていた。だが、コメントのタイムリーな追跡は難しく、手間もかかるため、利用者が直接コンタクトできるように誘導する機能が必要だった。同ツールを利用することで、この問題が解決される。

●Instagramインサイト

 自社のInstagramアカウントのフォロワーに関する情報や、どの投稿の反応が良かったかなどをモバイル機器から簡単に確認することができるツール。具体的には、次のことがわかる

・インプレッション数:投稿が閲覧された合計回数・リーチ:投稿を見たユニークアカウント数・ウェブサイトクリック:ビジネスプロフィールに登録されているウェブサイトのリンクをタップしたアカウント数・フォロワーアクティビティ:フォロワーが1日にInstagramを利用する平均回数●投稿の宣伝

 「投稿の宣伝」機能を使うと、エンゲージメントが高かったオーガニックの投稿を、モバイル機器から広告として出稿ができるようになる。すでにInstagram上でシェアした投稿を選び、CTA (Call To Action) ボタンを追加したあと、ターゲットを自分で選択するか、Instagramのおすすめするターゲットを選ぶだけで、簡単に投稿を宣伝することが可能。なお、広告の出稿期間も指定できる。

最終更新:8月16日(火)9時0分

MarkeZine