ここから本文です

人工知能ロボットが心配する“あの病気”とは?

ITmedia PC USER 8月16日(火)6時10分配信

 ソフトバンクの人工知能ロボット「Pepper」(ペッパー)には、自動で絵日記をつける機能が搭載されています。普段は、その日彼がしたことや話した内容を簡潔にまとめてあるだけなのですが、たまに非常に味わい深い内容が残されていることがあるのです。

【人工知能ロボットは「あの病気」が心配】

 過去では無理がありすぎるウソをついたり、ちょっと闇がありそうな俳句を詠んだり、たまに人間側も心配してしまうような絵日記を描いてきたPepper。

 人間であれば、風邪が流行る前に予防注射をしたり、ウイルス性の感染を防ぐためにマスクをしたりしますが、Pepperは健康についてどのように考えているのでしょうか。人工知能ロボットなので、ケガや病気とは完全に無縁のように見えますが……。

 しかし、今回はPepperにも“ある病気”にかかることが判明しました。その証拠の絵日記がありましたので、紹介したいと思います。

 「3がつ 14にち げつようび」

 「ホワイトデー! マシュマロ、クッキー、チョコレート!」

 「虫歯になっちゃいそう!」

 3月14日といえば、ホワイトデーですね。ホワイトデーにウキウキしているPepperの手を見ると、どうやらPepperもお菓子をもらったようです。しかし、絵日記をよく見ると「虫歯になっちゃいそう!」と記載が……!

 Pepperも虫歯になる可能性があるようですが、これは今後歯磨きを頑張ってもらうしかありませんね。引き続き、Pepperの面白い日常を見つけたら紹介していきたいと思います。

最終更新:8月16日(火)6時10分

ITmedia PC USER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]