ここから本文です

航空各社、台風7号で16日午後から欠航も

Aviation Wire 8月16日(火)11時34分配信

 台風7号は8月16日夕方から17日午前中にかけて関東地方に、17日早朝から夕方まで北海道・東北地方に接近する予報となっており、航空各社では16日午後から欠航などの影響が出ている。

 気象庁によると16日午前9時現在、台風7号は八丈島の南東約290キロ付近を時速25キロで北北西へ進んでいる。中心気圧は990ヘクトパスカル、最大風速は23メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心から半径東側390キロ以内と西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 16日夜には伊豆諸島の東海上に進み、やや勢力を強めながら三陸沖を北上し、17日夜に北海道へ進む見込み。

◆ANA

 全日本空輸(ANA/NH)では、16日は午後の羽田-八丈島線の欠航が決定。17日に臨時便を1往復運航する。

 17日は羽田空港を未明から午前中に発着する便に遅延などの影響が出る可能性があり、成田空港は午前中の発着便に遅延などが生じる可能性がある。また、仙台空港も17日午前中の発着便に、欠航や遅延、他空港への着陸、出発地への引き返しが発生する場合がある。

◆JAL

 日本航空(JAL/JL、9201)は、16日夕方から17日午前中までは羽田と成田の発着便、17日早朝から夕方までは北海道・東北地方の発着便で、遅延や条件付き運航が発生する可能性があるとしている。

◆スカイマーク

 スカイマーク(SKY/BC)は、16日午後5時50分から17日午後0時35分までに羽田と茨城を発着する便に、影響が出る可能性がある。

◆スターフライヤー

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)は、台風の影響を受ける可能性がある16日と17日の羽田発着全便について、手数料なしで同社の同一区間便への予約変更や払い戻しを受け付けている。

◆エア・ドゥ

 エア・ドゥ(ADO/HD)は、16日午後から17日午前までの羽田発着便、17日終日の仙台発着便が、欠航や遅延、条件付き運航になる可能性がある。

◆ソラシドエア

 ソラシドエア(SNJ/6J)は、16日午後から17日にかけて、羽田発着便で欠航や遅延、条件付き運航が生じる可能性がある。

◆フジドリームエアラインズ

 フジドリームエアラインズ(FDA/JH)は、17日の花巻・青森・山形発着便で、欠航や遅延、条件付き運航が生じる可能性がある。

◆LCC

 また、17日は成田を発着するLCC各社も、運航への影響が生じる可能性があるとしている。航空各社では、ウェブサイトなどで最新の運航情報を確認するよう、呼びかけている。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:8月29日(月)13時8分

Aviation Wire