ここから本文です

「マクラーレンは前進した」とサインツ、2017年のルノーエンジンに期待

TopNews 8月16日(火)11時58分配信

カルロス・サインツ(トロロッソ)は、最新型のルノーエンジンを使える2017年に期待を寄せている。

■フェルスタッペンとは「ほぼ互角だった」

開幕当初チームメートだったマックス・フェルスタッペンは、シーズン途中にレッドブルにステップアップすると、さっそく優勝と複数の表彰台をつかんだ。

レッドブルに昇格したのがサインツでも同等のパフォーマンスを発揮したと考える者もいる――そう『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』誌のインタビューで聞くと、サインツは次のように語った。

「トロロッソで一緒だったとき、僕たちの間には0.2秒ほどしか差がなかった。流れが彼に傾くときもあったけれど、また僕のほうに戻ってきた」

「僕たちはほぼ互角だった」

■旧型のフェラーリエンジンで後退

しかし、今やフェルスタッペンがグリッド上位の常連になったのに対し、サインツの乗るトロロッソは、2015年型のフェラーリエンジンを使用しているため相対的に後退している状況だ。

「間違いなくアドバンテージではないと言っておこうか」とサインツ。

「マクラーレン(ホンダ)は前進したし、フォース・インディアも強敵だ。スパ(F1ベルギーGP/28日決勝)やモンツァ(イタリアGP/9月4日決勝)のようなコースでは、僕たちは苦戦するだろうね」

■2017年に光明を見いだす

サインツにとっての朗報は、2017年のトロロッソ残留がすでに決まっていることだ。

「気分はいいよ」とサインツも認める。

「特にシーズン中の早い段階で決まったからね。確定していないとどれほど不安になるかは僕も経験上知っている。トロロッソでの3シーズン目がすごく楽しみだ」

サインツが来季に自信を深めているのは、トロロッソが最新型のルノーエンジンを搭載するからでもある。

「ここ数か月のルノーの進歩を見れば、すごく自信がわいてくるよ」とサインツは語っている。

最終更新:8月16日(火)11時58分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]