ここから本文です

『スター・ウォーズ』最新作、カギを握るのは父娘の物語!新映像で明らかに

シネマトゥデイ 8月16日(火)4時0分配信

 映画『スター・ウォーズ』シリーズ最新作にして初のスタンドアローン作品となる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)から、日本向けの特報映像が公開された。

【動画】『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』特報

 同作では、シリーズを代表する悪役ダース・ベイダーの誕生を描いた『スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐』(2005)と『スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望』(1977)の空白をつなぐ、新たな物語が展開。帝国軍の宇宙要塞デス・スターの設計図を入手するため、命懸けの作戦に挑む反乱軍の極秘チーム「ローグ・ワン」の奮闘が描かれる。

 反乱軍が、デス・スターの完成が近いことを知らせる帝国軍の通信を傍受したことから結成されるローグ・ワン。公開された特別映像では、その通信が、ローグ・ワンを率いるヒロイン、ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)の幼い頃に生き別れとなった父親から発せられたものであることが明らかになる。

 その事実に強い戸惑いの表情を見せるジン。彼女の父親ゲイレン・アーソを演じるマッツ・ミケルセンは、先月イギリス・ロンドンで行われた「スター・ウォーズ・セレブレーション」で「僕が言えるのは、彼が科学者ということだけだ。全世界を変えてしまうかもしれない、ものすごいものを創造するのさ」とだけ明かしている。彼は一体何者なのか? 

 ルーカスフィルムの社長で本作のプロデューサーを務めるキャスリーン・ケネディは、「この『ローグ・ワン』は、家族の物語という『スター・ウォーズ』の価値観を継承しつつ、これまでのファンはもちろん、新しい世代の観客をも魅了するような作品になるでしょう」と語っており、今回も正規シリーズ同様、親子の物語が大きなカギを握ることになるのは間違いがなさそうだ。

 映像の最後にはダース・ベイダーも登場。耳に残るあの呼吸音に公開への期待が一気に高まる特報になっている。(編集部・入倉功一)

最終更新:8月16日(火)4時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。