ここから本文です

エヌシーアイ、日本シーサート協議会に加盟

BCN 8月16日(火)13時10分配信

 エヌシーアイ(中島俊哉社長)は8月10日、今年7月に日本シーサート協議会(正式名称:日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会)に加盟したと発表した。

 近年、サイバー攻撃が巧妙化・高度化し、企業にとって脅威になってきた。そうした実情からCSIRT(Computer Security Incident Response Team:シーサート)への関心が高まりつつある。CSIRTは、ネットワークの監視とサイバー攻撃など問題発生時の対応を行う組織で、大手を中心に多くの企業が未知の脅威や発生したインシデントに対応するためにCSIRTへの取り組みを始めている。

 日本シーサート協議会では、同じような状況や課題をもつCSIRT同士による緊密な連携と、さまざまなインシデント関連情報、いち早く入手したい脆弱性情報、あるいは関連する攻撃予兆情報などを収集。これら情報を積極的に共有することを目的に2007年に設立、活動を続けている。

 エヌシーアイは、15年7月から最新鋭のSIEMを中核に据えたSOCをサービスとして、標的型攻撃対策・内部情報漏えい対策の「Managed Cyber Gate」を提供している。SOCによってログの監視と分析を行い、脅威を可視化することで、CSIRTの最適化や未知の脅威への対応を実現している。

 今回、同社は日本シーサート協議会に参加することで、最新の脅威情報やその対応など共通課題の解決に協力するとともに、ワーキンググループなどの活動から得た新たなインテリジェンスを自社サービスにフィードバックすることによって、顧客のサイバー攻撃対策を支援していく考え。

最終更新:8月16日(火)13時10分

BCN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]