ここから本文です

北川景子、映画初の全編関西弁!関西出身だけど「音源を何度も聞いて…」

シネマトゥデイ 8月16日(火)6時0分配信

 佐々木蔵之介&関ジャニ∞横山裕のW主演映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』に北川景子が出演し、関西弁を披露していることが明らかになった。兵庫県出身の北川だが、全編関西弁の映画はこれが初めて。それだけに「大阪弁の役をいただいたことも非常に貴重な経験でした。関西を離れてから長いので、不安な方言は方言指導の先生の音源を何度も聞いて撮影に臨みました」と万全の準備をした上で本番に挑んだと振り返っている。

【画像】佐々木蔵之介が横山裕とW主演

 黒川博行の第151回直木賞受賞作「破門」を基にした本作。イケイケなやくざ・桑原(佐々木)と口だけは達者なぐーたら建設コンサルタント・二宮(横山)の凸凹コンビが映画製作のもうけ話にだまされて出資金を持ち逃げされてしまい、詐欺師とハチャメチャな追走劇を繰り広げる。北川がふんしたのは、二宮が思いを寄せる美女。二宮の事務所でバイトし、辛辣なことを言う一方で彼のことをいつも心配している、いとこの渡辺悠紀役だ。

 メガホンを取った『毎日かあさん』などの小林聖太郎監督は「まさか北川さんに出演してもらえるとは! 大阪の気ぃ強いネエちゃん、ハマってます」と関西弁の北川を絶賛。北川自身、大阪ロケを楽しんだようで「本場のたこ焼きを食べられて嬉しかったです」と語っている。

 大阪を舞台に怒涛のアクションと関西弁の掛け合い満載で描かれる本作だけに、佐々木、横山、北川以外のキャストも関西出身の俳優陣がずらりと名を連ねた。詐欺師役の橋爪功、桑原が属する組織の若頭役の國村隼をはじめ、木下ほうか、キムラ緑子、宇崎竜童、中村ゆり、矢本悠馬が出演。また唯一関西出身ではないものの、「愛人にしたい女ナンバーワン」の異名をとる橋本マナミが意外にも初めての愛人役にキャスティングされている。(編集部・市川遥)

映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』は2017年1月28日より公開

最終更新:8月16日(火)6時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。