ここから本文です

スピーカーと記念撮影 「極上爆音」映画館が決断した6千万円の「マッド」な投資

withnews 8月17日(水)7時0分配信

 「このふざけた劇場へ、ようこそ」。そんなキャッチコピーで、独自の路線を突き進む映画館がある。「極上爆音上映」にこだわり、アリーナコンサート級の音響設備を整備。最近では6千万をかけて、新たな「爆音」を導入した。映画館の新たな魅力を発掘した、このチャレンジ。仕掛け人に狙いを聞いた。(朝日新聞統合編集センター記者・山下周平)

【写真特集】音に6千万円、極爆の世界 劇場内部に潜入

ノンストップの重低音が支配

 極爆の震源地、東京都立川市の「シネマシティ」で、上映中なのが「マッドマックス 怒りのデス・ロード」。「あれ、いまごろ?」と思うかもしれないが、2015年の公開作品のリバイバル上映が、半年近く続いている。アカデミー賞も受賞した壮絶なカーアクションと極爆の組み合わせを求めて、「空港から映画館への道順を聞く電話がかかってくる」人気だ。

 場内を見渡すと男性に混じって、20代らしき女性の二人連れもいる。スクリーンの両脇には壁に固定された重厚感あるスピーカー、中央下にはサブウーファーが、暗闇にうっすらと浮かび上がる。

 開始早々、タイトルカットから重低音の波動と圧倒的な音量が内臓を揺さぶる。高鳴るエンジン音、銃撃、爆発……目の前の出来事のような衝撃に、感覚が支配されていく。ノンストップの重低音を浴び続け、コーラを飲むことも忘れ、気づけば2時間の上映が終わっていた。何かにとらわれたように頭がしばらくぼーっとしていた。

 SNSで極爆上映を知り、浜松市から訪れた会社員、熊谷亮さん(31)は興奮気味に語った。「音がやばい。音圧で背中がびりびりした。話の筋は知っているのに、これからどうなるんだろうって。もう完全に狂気(マッド)です」。

 確かに、記者も3D上映を含めて5回はこの作品をみていたが、まるで別物だった。音楽活動もしているという熊谷さんは「コンサートでもないのに、何千万もするスピーカーを入れるなんて、本当に異常ですよね(笑)」

「このふざけた劇場へ、ようこそ」

 シネマシティは2009年から、音にこだわり、音楽モノやミュージカル作品などで専門家に音響調整してもらう上映を続けてきた。ジュラシックパークやスターウォーズの続編など大作目白押しの15年、同館では最大の382席のスタジオの音響システムを強化。数百万円かけて重低音部分を増強する「サブウーファー」を買い替えた。

 こけら落としの上映作品が、30年ぶりの新作「マッドマックス」だったのは、企画室長の遠山武志さん(40)が、ネットで予告編を観たときから決めていたことだった。考えた宣伝コピーは、アニメ「北斗の拳」の主題歌にかけた「あなた(you)は衝撃(shock)を受ける 『音』で空が落ちてくる」。

 そして、こう誘った。「このふざけた劇場へ、ようこそ」

 この「ノリ」がネット上で話題となり、夏休みの7~8月は連日満員、全館でこの年、最高の興行収入を上げた。

1/2ページ

最終更新:8月17日(水)7時0分

withnews