ここから本文です

ブラジル音楽を歌うTOYONO、6年ぶりのオリジナル・アルバム発表

CDジャーナル 8/16(火) 19:24配信

ブラジル音楽を歌うTOYONO、6年ぶりのオリジナル・アルバム発表

ブラジル音楽を歌うTOYONO、6年ぶりのオリジナル・アルバム発表

 ブラジル音楽に対する深い造詣とリスペクトを感じさせながら、斬新で自由なメロディを歌ってきたシンガー・ソングライター&ヴォーカリスト、TOYONOが約6年ぶりのオリジナル・アルバムにして、初のメジャー・リリースとなる『黒髪のサンバ』を9月21日(水)に発表します。YouTube(youtu.be/Q03qacYvdx4)では本作のメドレー音源が公開されています。

 TOYONOも在籍するバンド“ペリカーノ・ヘヴン”と、世界的なパンデイロ奏者であるマルコス・スザーノが参加して制作された『黒髪のサンバ』には、「Far Out」レーベルの音源を中心に現在のブラジル音楽を紹介するコンピレーション・アルバム『Bossa Brasilia 2016』で一足早くお目見えしていた「Brazilian Colors」の新録ヴァージョンほか、「イパネマの娘」「マシュ・ケ・ナダ」や、カルロス・トシキ&オメガトライブ「君は1000%」といったカヴァーも含む全11曲を収録。

 また、TOYONOによる期間限定のブラジル情報発信Facebookページ「ブラジルを楽しむ100の方法」(www.facebook.com/100EnjoyBrasil)がこの度オープン。ブラジル・ワインの老舗「サルトンワイン」の親善大使も務める彼女ならではの情報を今後も紹介予定とのこと。

最終更新:8/16(火) 19:24

CDジャーナル