ここから本文です

『囚われのパルマ』ダンディな喫茶店マスターなど孤島の住人たちの情報が公開…公式サイトでは性格診断も

インサイド 8月16日(火)15時3分配信

カプコンは、iOS/Android『囚われのパルマ』のゲーム情報を公開しています。

【関連画像】

『囚われのパルマ』は、スマートフォン向けとなる“ガラス越しの体感恋愛アドベンチャーゲーム”です。孤島の収容所に囚われた「ハルト」の閉ざされた記憶と心を紐解くといったゲーム内容になっており、全6話構成のエピソード型配信が予定。連続ドラマのように毎週配信されます。

今回は、彼との会話のきっかけを探す「外出」の情報が公開されているほか、本作の公式サイトで「看守のズバッと性格診断」が公開されています。

◆ゲームシステム「外出」

島にはハルトが収監されている収容施設のほかに、喫茶店・公園・雑貨店などの施設があります。孤島を散策して施設にいるさまざまな人々と出会い、触れ合い、会話することにより、彼との会話のきっかけとなる「話題」や彼に差し入れできる「アイテム」が取得できます。今回は、話題の傾向などを含めて、島の住人たちのキャラクターが紹介されています。

島の人々とのコミュニケーションは、彼とのメッセージのやり取りや差し入れに繋がるだけではありません。島の人々との会話や、彼と交わすメッセージのやり取りの中で選んだ選択肢は、プレイヤーの性格そのもの。彼はそんな“あなた”を否定することなく、受け入れて“あなた”に寄り添った受け答えをしてくれます。そのため、主人公を演じるのではなく、ありのままの“あなた”で彼とコミュニケーションすることができます。

例えば、喫茶店で取得した「コーヒーと紅茶」の話題についてハルトにメッセージを送ると、「コーヒーのほうが好きか」「紅茶のほうが好きか」をプレイヤーが選ぶことで、彼がそのことを覚えてくれます。

そして後日、喫茶店で入手した別の話題でハルトとメッセージのやりとりをすると、以前にプレイヤーが言ったことを思い出して話を返してくれます。

■「看守のズバッと性格診断」
ゲーム本編中でも使われている仕組みを利用した性格分析「看守のズバッと性格診断」が公式サイトに登場。診断結果は、Sっ気溢れる看守と天然で無遠慮な新米看守のどちらかが教えてくれます。また、診断結果はSNSに投稿することが可能です。

●『囚われのパルマ』公式サイト 看守のズバッと性格診断
http://www.capcom.co.jp/palm/personality/

◆登場キャラクター

■憩いの場である「喫茶店」のマスター
施設の職員たちの憩いの場となっている「喫茶店」には、店主である渋いマスターがいます。物腰柔らかで人当たりのいいマスターと店の雰囲気に惹かれ、足繁く通う客も多いようです。

店を訪れる客からよく相談を受けており、そのため人間関係や島内の情報に詳しいようです。なお、マスターには中学になる娘がおり、子供や家族のことなどをよく話題にする子煩悩な一面も。

■「公園」で休憩中の職員、シンディー
島の「公園」には、シンディーというオネエさんがよくいます。シンディーはどうやら施設の職員のようですが、施設の事情よりもファッションや美容などに興味があるようで、その話題を話すことが多いです。

また、恋愛にも関心が高く男女の気持ちがよくわかるため、恋愛に関する質問やアドバイスをしてくれることも。どうやらシンディー自身も恋愛経験がとても豊富なようです。

■品揃えの良さに定評のある雑貨店の店主
島での生活に必要なものや雑貨などを職員向けに販売している雑貨店の店主。雑貨店では、さまざまなアイテムを販売していますが、職員はタダで入手できます。

気のいいおじさんといった印象の通り、商売っ気はあまりなく、気前よくなんでも引き受けてしまうところも。手先も器用で、壊れたアイテムを持って行くと軽々と直してくれます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『囚われのパルマ』は近日配信予定。価格は以下のようになります。

・アプリ本体(プロローグ&エピソード1):360円(税込)
・エピソード2以降(全6話完結):各360円(税込)
※アプリ内課金あり

(C)CAPCOM CO., LTD. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.

最終更新:8月16日(火)16時2分

インサイド