ここから本文です

美しすぎるバレリーナが主演!プロだから実現できた「ハートビート」絶技シーン映像公開

映画.com 8月16日(火)10時0分配信

 [映画.com ニュース] ロンドン、パリ、ロサンゼルス、ニューヨークから集められたトップダンサー62人が出演した映画「ハートビート」の本編映像が、公開された。アメリカ人で初めてロシアの名門マリインスキー・バレエに入団したキーナン・カンパ演じる主人公ルビーが、バレエのレッスンに打ち込む姿を切り取っている。

ヒロインのバレエレッスン姿が美しすぎる!「ハートビート」本編映像はこちら!

 プロのバレエダンサーになるためニューヨークの専門学校に入学したルビーは、生活のために地下鉄で演奏するイギリス人バイオリニスト・ジョニー(ニコラス・ガリツィン)と運命的な出会いを果たす。次第に惹かれあうようになった2人は、お互いの夢をかなえるべく、ヒップホップダンスチーム“スイッチ・ステップス”と共に「弦楽器&ダンスコンクール」に出場しようとする。

 映像では、自主練習に励むルビーが教師に認められ、個人レッスンに挑むさまが描かれる。ルビーは陽光が差し込むなか、感覚を確かめるように「アラベスク」や「アティチュード」、「ブリゼ」といった技を1つずつ決めていく。カンパのバレリーナとしての実力が存分に発揮されたシーンであると同時に、本作が女優デビュー作ながら、ヒロインにふさわしい堂々たる存在感を放っている。映像では、ルビーの練習姿を見たジョニーが、その美しさに魅了されていくさまもしっとりと描かれている。

 本作のほか、「マーリー2 世界一おバカな犬のはじまりの物語」を手がけたマイケル・ダミアン監督は「キーナンはすばらしいバレリーナだ。彼女に出会えてラッキーだったよ。セリフを言った経験はなかったけれど、ちゃんと準備をしてきて、探究心があった。最も重要な点なんだが、彼女には恐怖心がなく学ぼうとする意欲が高かった。だから、彼女なら主人公を演じきれると確信できた」と全幅の信頼を語っている。

 「ハートビート」は、イギリスのロイヤル・バレエスクール出身で、オスカー受賞作「エクス・マキナ」で存在感を発揮したソノヤ・ミズノが、ルビーのルームメイト・ジャジー役を務める。8月20日から全国公開。

最終更新:8月16日(火)10時0分

映画.com