ここから本文です

『ギルティギア』シリーズなどを手掛ける、アークシステムワークス石渡太輔氏の素顔に迫るインタビュー映像が公開

ファミ通.com 8/16(火) 12:02配信

文:編集部 ミル☆吉村

●森Pは「戦友でもありライバル」
 YouTubeで無料配信されている“toco toco tv”は、日本のインディーゲームシーンを追ったドキュメンタリー映画「ブランチング・パス」が先日公開された、フランスのジャーナリスト、アン・フェレロ氏によるドキュメンタリーシリーズ。毎回さまざまな日本のクリエイターをフィーチャーし、英仏字幕付きで海外への発信を行っている。

 その中のゲームクリエイターに焦点をあてたミニ特集“Game creator special”の第2弾として、アークシステムワークスの石渡太輔氏を取材した回が公開中だ。

 収録時間は10分強。アークシステムワークス社内や、会社から近い横浜周辺などでの取材を通じて、『ギルティギア』シリーズの発端や、石渡氏の開発における哲学などが明かされている。途中では同社の森利道プロデューサーも登場。ふたりのゲーム観の違いなども語られているので、アークファンはチェックしよう。

 なお第1弾のグラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏の回や、昨年末公開のアクセスゲームズのSWERY氏をフィーチャーしたエピソードも公開されているので、そちらも合わせて視聴してみてはいかがだろうか。Game creator special第3弾は『SIREN』や『グラビティデイズ』シリーズなどで知られる外山圭一郎氏を予定しているとのこと。

最終更新:8/16(火) 12:02

ファミ通.com