ここから本文です

耳ざわりに感じやすい音を低減した、モータ用良音質深溝玉軸受の量産開始

MONOist 8月16日(火)7時55分配信

 ジェイテクトは2016年7月25日、回転時に発生する「人が耳ざわりに感じやすい音」を従来比で-5dB抑えた、モータ用良音質深溝玉軸受の量産を開始した。

 軸受には「静かに耳ざわりなく回転する」機能が求められている。同社は、介護ロボットなど人間により近いところで軸受が使用される機会が増えること、またそれに伴って「音質・音性能」への関心が高まると予測した。振動や騒音に着目した従来の評価方法に加え、今回、ラウドネスの指標を用いて人の感覚を反映する音評価を導入。その評価を元に人が耳ざわりと感じる成分が少ない良音質深溝玉軸受を開発した。

 軌道面(外輪の内側、内輪の外側で玉が接する部分)の性状を従来よりも滑らかに仕上げることで、人の聴覚で聴こえる領域(20~2万Hz程度)の中でも、特によく聴こえ耳ざわりと感じやすい領域(1000~5000Hz程度)の音を低減させることに成功した。モータなどの製品に組み込んだ状態でも、効果が期待できるという。

 販売先は国内外の産業機械メーカーで、売上目標を年間10億円としている。

最終更新:8月16日(火)7時55分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]