ここから本文です

佐々木蔵之介×横山裕「破門」新キャスト発表、北川景子や橋本マナミが関西弁披露

映画ナタリー 8月16日(火)6時0分配信

佐々木蔵之介と関ジャニ∞の横山裕がダブル主演を務める「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の新たなキャストが発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、黒川博行の小説「破門」をもとにしたエンタテインメント作品。ヤクザの桑原保彦と建設コンサルタントの二宮啓之が、映画製作資金を持ち逃げしたプロデューサーを追って関西とマカオを奔走する。弁は立つがぐうたらな二宮を横山、二宮をトラブルに巻き込む“疫病神”桑原を佐々木が演じている。監督は「マエストロ!」の小林聖太郎。

このたび発表されたキャストは総勢9名。二宮が思いを寄せる美女でいとこの渡辺悠紀を北川景子が演じる。桑原と二宮のコンビを翻弄する詐欺師で映画プロデューサー・小清水隆夫役には橋爪功、その愛人・玲美役に橋本マナミ。桑原の所属する二蝶会の若頭・嶋田勝次を國村隼が演じ、敵対組織の組長・滝沢に宇崎竜童が扮する。そのほかには、木下ほうか、キムラ緑子、矢本悠馬、中村ゆりがキャスティングされた。

本編で、佐々木や横山と関西弁での掛け合いを披露している北川は「関西を離れてから長いので、不安な方言は方言指導の先生の音源を何度も聞いて撮影に臨みました」と明かす。それに対し、小林は「大阪の気ぃ強いネエちゃん、ハマってます」とコメント。橋本も関西弁での演技には苦労したようで「私以外のキャストは全員関西出身という環境の中で、ちょっとのアクセントも狂いがないように練習しました」と振り返った。

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」は2017年1月28日より全国にて公開。

北川景子 コメント
激しいアクションの要素がありつつも、佐々木さんと横山さんの軽妙なやり取りがとても面白い作品でした。私はアクション部分に絡まない、お見合いばかりしているお気楽な女性の役柄ということで、平和な撮影でした。大阪弁の役をいただいたことも非常に貴重な経験でした。関西を離れてから長いので、不安な方言は方言指導の先生の音源を何度も聞いて撮影に臨みました。大阪ロケでは本場のたこ焼きを食べられてうれしかったです。劇中は男の世界ですが、ぜひ女性の方にもご覧いただきたいです。

橋爪功 コメント
昔から、大悪党よりは小悪党、頭に「小」が付く人物にやたらと魅かれる性癖は年をとっても相変わらずで、「小利口」「小生意気」「小賢しい」「小うるさい」「小汚い」などなど、いささか食えない奴に目が無いというか……。だからこの役、一読して即はまってしまった。しかも、このオッサン、名前が「小清水」で……もう最高!

國村隼 コメント
私は東京に住んで長くなったが、普段は関西弁だ。仕事のときはカチンコが鳴ったら標準語になる。でも、今回はセリフも関西弁。それだって慣れたことだが、今回ばかりはなぜだか不思議な経験をした。自分自身と役との境が曖昧になったような変な感覚。共演者が関西ネイティブばかりだったから? いや、何より小林監督の持つ独特の演出センスが原因かも知れない。いつの間にか彼の作品世界に引っぱりこまれてしまった。

橋本マナミ コメント
このたび玲美役で出演させていただきました。スリルあふれるストーリーに身を委ね、演じている側もドキドキしながら映画の一瞬一瞬を過ごさせていただきました。私は橋爪功さんと一緒のシーンが多く、橋爪さんのチャーミングでダンディな魅力に酔いしれながら現場をご一緒できたことはとても貴重な時間でした。役を習得する中でも難しかったのは関西弁です。私以外のキャストは全員関西出身という環境の中でちょっとのアクセントも狂いがないように練習しました。秘密を持つ役ながらも関西弁を披露しているところもぜひ観ていただきたいです。主役の佐々木蔵之介さん覇気迫る勢い! 横山裕さんとのユニークなコンビ。ぜひ映画館で楽しんでいただけたらうれしいです。



(c)2017「破門 ふたりのヤクビョーガミ」製作委員会

最終更新:8月16日(火)6時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。