ここから本文です

「ファンタスティック・ビースト」にゾーイ・クラビッツ

映画.com 8月16日(火)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフ映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」に、ゾーイ・クラビッツ(「マッドマックス 怒りのデス・ロード」)が出演していることがわかった。

 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は、「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリングが自ら脚本を手がけた注目作。ニューヨークを舞台に、魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)の冒険を描くファンタジーで、「ハリー・ポッター」シリーズ5作目から監督を務めてきたデビッド・イェーツがメガホンをとっている。

 米ハリウッド・レポーターによれば、クランクイン後にクラビッツが端役でキャストに加わり、すでに製作が決定している続編ではその役柄がより重要になってくる可能性があるようだ。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は11月18日全米公開、続編は2018年11月16日に全米公開される。

 クラビッツは、昨年のサンダンス映画祭で注目を集めた「DOPE ドープ!!」に出演。ロサンゼルスの犯罪多発地域を舞台に、90年代ヒップホップカルチャーを愛するスラム街出身のギーク高校生3人組が巻き起こす騒動を描いた青春コメディで、現在日本公開中。

最終更新:8月16日(火)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。