ここから本文です

必然のハマり役!?関西弁の北川景子と愛人役の橋本マナミが『破門』に出演決定

Movie Walker 8/16(火) 6:01配信

佐々木蔵之介と関ジャニ∞の横山裕によるW主演で、黒川博行の直木賞受賞作「破門」を映画化する『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(2017年1月28日公開)。大阪が舞台で、関西弁の掛け合いが繰り広げられる本作に関西出身の新たなキャストが発表された。

【写真を見る】『破門 ふたりのヤクビョーガミ』は2017年1月28日(土)公開

映画製作の出資金を持ち逃げされた桑原と二宮のコンビが、失踪した映画プロデューサーの小清水を追って関西、マカオを奔走。何とか居場所を突き止めるも寸前で逃げられてしまう。キレた桑原によるハチャメチャな追走劇はまさかの大トラブルへ発展し、追っていたはずが何者かに追われるハメに。進退きわまった2人は生き残りをかけた大勝負に出る、というストーリー。

今回新たに明かされたのは、口だけは達者な建設コンサルタントの二宮(横山)が思いを寄せる、いとこの渡辺悠紀役に兵庫出身の北川景子。すぐキレるヤクザの桑原(佐々木)の所属する二蝶会の若頭、嶋田勝次役に大阪出身の國村隼、桑原と二宮を翻弄する小ズルいサギ師で映画プロデューサーの小清水隆夫に扮するのは大阪出身の橋爪功。

そして小清水の愛人である玲美役には「愛人にしたい女No.1」とも呼ばれる橋本マナミが唯一、山形県出身でありながら抜擢された。さらに宇崎竜童や木下ほうか、キムラ緑子、矢本悠馬、中村ゆりという多彩な演技を見せる実力のある俳優陣が集結。

本作で映画として初めて全編にわたり関西弁を披露する北川は「大阪弁の役をいただいたことは非常に貴重な経験でした。関西を離れてから長いので、不安な方言は方言指導の先生の音源を何度も聞いて撮影に臨みました。大阪ロケでは本場のたこ焼きを食べられて嬉しかったです。劇中は男の世界ですが、ぜひ女性の方にもご覧いただきたいです」とロケの思い出と自身の役作りについて語っている。クセ者たちによる追跡エンタテインメント『破門 ふたりのヤクビョーガミ』での凸凹コンビの誕生を劇場で見届けたい!【Movie Walker】

最終更新:8/16(火) 6:01

Movie Walker