ここから本文です

元NMB48・山田菜々、単独初主演!太田基裕と「マスタード・チョコレート」映画化

cinemacafe.net 8月16日(火)16時0分配信

2011年にケータイコミックとして週刊連載され、第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞した、冬川智子原作の「マスタード・チョコレート」を、元「NMB48」山田菜々の単独初主演で映画化することが分かった。

【画像】冬川智子/「マスタード・チョコレート」

愛想もなく不器用な高校3年生の津組(つぐみ)倫子は、高校では友だちもいなく平凡な毎日を過ごしていた。そんな中、通い始めた美術予備校で出会った、共通の音楽の趣味を持つ孤独な青年・浅野と友達になり、何かが変わり始める。一方で、講師の矢口は、みんなと馴染もうとしないつぐみのことが妙に気にかかるようになっていく…。

他人と交わることが苦手で、いつもマイペースなつぐみが、美大への受験をきっかけに、“友情”や“恋”というものを意識し始め、ゆっくりと大人へ成長していくストーリー。

主人公の津組倫子を演じるのは、本作が単独初主演となる山田さん。国民的アイドルグループ「NMB48」の中心メンバーとして活躍し、2015年4月に惜しまれつつも卒業。以降は、バラエティ番組「バイキング」にて専属レポーターを務めるなど、ラジオ・舞台・声優と幅広く活動中だ。彼女が普段見せる天真爛漫な姿とは真逆なキャラクターとなる“つぐみ”を、どのように演じてくれるのかは要注目。

また、そんなつぐみを気にかける美術予備校の講師・矢口を演じるのは、注目度上昇中の若手俳優・太田基裕。ミュージカル「テニスの王子様」でブレイクし、大人気舞台「弱虫ペダル」シリーズや「メサイア」シリーズなど、人気舞台への出演が相次ぐ太田さん。本作では、これまでの舞台では見ることのなかった美術予備校講師という役柄に挑む。

そのほか、人気舞台への出演が相次ぎ、声優ユニット「UNICORN Jr.」としても活動している染谷俊之、朗読劇「夏の夜の夢」への出演などイケメン俳優として注目を集める神永圭佑ら、期待の若手俳優たちが脇を固める。メガホンをとるのは、脚本家・舞台演出家・俳優と幅広く活動し、その活躍の場を広げている笹木彰人。さらに、脚本を舞台「ギャクマンガ日和」や「ハンサム落語」を始め、数多くの話題の舞台の脚本・演出を務める、なるせゆうせいが担当する。

現在、撮影の真っ最中であり、近日中にクランクアップを迎えるという本作。次世代の若手たちが一挙に集結する、瑞々しい青春ストーリーに期待が高まる。

『マスタード・チョコレート』は2017年新春、全国にて公開予定。

最終更新:8月16日(火)16時0分

cinemacafe.net