ここから本文です

ビートたけしがご意見番、オリンピックで日本選手支えた技術紹介

お笑いナタリー 8月16日(火)10時0分配信

来月9月3日(土)に放送される「ものづくり日本の奇跡 日の丸テクノロジーがオリンピックを変えた 元気が出る60年物語」(TBS系)に、ビートたけしがご意見番として出演する。

この番組は昨年2015年3月に放送された特番の続編。今回はオリンピックをテーマに数々の名場面を振り返り、それらを支えた日本の技術「日の丸テクノロジー」に光を当てる。主な題材は、1964年の東京オリンピックの際に登場した「マメができないシューズ」や、女子マラソンの有森裕子選手の名場面を生み出し「テレビのオリンピックを変えた」とされる放送技術など。スタジオにはシューズやウェアといった各大会を象徴する品々が用意され、出演者も日の丸テクノロジーを体感する。番組にはリオオリンピックで活躍した日本人選手も登場する予定だ。

ものづくり日本の奇跡 日の丸テクノロジーがオリンピックを変えた 元気が出る60年物語
TBS系 2016年9月3日(土)21:00~23:24<出演者>MC:安住紳一郎(TBSアナウンサー) / 綾瀬はるかご意見番:ビートたけし

最終更新:8月16日(火)10時0分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。